FC2ブログ
 

家族のまんなか/ワンダーデバイスのくらし

静岡旅/その1「BESS富士へ」

土日に静岡へ旅行に行ってきました。

image5.jpeg

まずはBESS富士へ。

image2.jpeg

ワンダーデバイスはどこでもカッコイイ。

image1.jpeg

フリースペースにこのカタチのテーブルいいね。

image6.jpeg

image7.jpeg

GーLOGは置くものによって雰囲気かわるね。


image4.jpeg

IMG_0853 (1)

旅先で薪割りをする私たち。

なぜかって?

今の自分のコンディションの確認と

割ったことのない種類の原木があったから。

image3.jpeg

GーLOGのノートに落書きしてきました。

見つけられるかな♪( ´▽`)

スポンサーサイト

寒くなる前に煙突掃除完了。

我が家は毎年、薪ストーブのシーズンに入る前に

薪ストーブの掃除をしています。


昨年は室内の煙突のエルボに亀裂が入ったり

室外のトップの塗装が剥げたりと色んな事が気になり

BESS浜松のベテラン営業Mさんに相談していました。


薪ストーブのパーツで交換するモノもあったので

業者の方に全体をみてもらうか

それともこのままいくかと悩んでいました。


するとMさんが「僕が見ましょうか?」と

頼もしすぎる発言。


ということで屋根に登ってもらいました〜( ^ω^ )/

IMG_0833.jpg

我が家の屋根にいるMさん!頼もしい!


みなさーん!BESSの営業さんの全てが

ここまでしてくれる訳ではないですよ!


MさんはBESSの先輩ログオーナーさんで

なんでもやっちゃう方なのです。


我が家は基礎が上げてあるから普通のワンダーデバイスよりも

地面からの高さがあるから怖いんです。

IMG_0839.jpg

車から考えるとかなり高いでしょ!

脚立を立てるところも狭くて角度がきついから

ハシゴを登るだけで恐怖(´Д` )。


主人は高いところがダメなんで屋根に登ることすら無理。

私ももちろん、無理・ムリ・む〜り( ˟ ⌑ ˟ )。


IMG_2521.jpg

主人が薪ストーブ本体と室内の煙突の掃除を

済ませてくれてあったので煙突自体はキレイだったよう。

IMG_2523.jpg

塗装が剥げていた煙突。

IMG_2527.jpg

Mさんがキレイにスプレーしてくれたので復活!


これでいつでも炊けるようになりました。

Mさんありがとう(..◜ᴗ◝..)

にほんブログ村 住まいブログ DIYへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ
にほんブログ村

トイレの壁を塗ってみました!

ずっと室内の壁に色を塗りたいと思っていたけど

そのまま壁に塗ってしまうか(後戻りができない)

それともベニヤとか他の何かを貼って

それを塗るかとずっと悩んでいました。


でも小さい空間なら後悔も少ないだろうと

お試しでトイレの壁を一面だけ塗装してみました。


DSC07807.jpg

塗料は家にあった「カンペハピオ」の

アレスアーチ ターコイズを選択。

よく染み込んだので二度塗りしてます。

こちらは夕方に撮ったので二枚目の方が色が近いかな。

DSC07813.jpg

完成はこちら。

狭い空間だからうまく撮れなーい( ´ ▽ ` )ノ


主人が上手に塗ってくれたので隅まできれい!

綺麗なターコイズカラーを見ると

なんだか気持ちも明るくなる。

娘たちにも評判がいいと成功だ!( ^ω^ )


我が家が住んでいるワンダーデバイスは

基本的に色のついた壁はないのだけど

好きな色を後から塗るのもありだよね。


とりあえず広い面積を塗りたい衝動は

ちょっとだけおさまったけど

もう塗料は購入済みだからまた塗るかもね。


同じ家にながーく住んでいると

色んなことをしたくなりません?

皆さんも是非!Let's Do It Yourself!

にほんブログ村 住まいブログ DIYへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ
にほんブログ村

BESS友のお宅へ。

IMG_1825.jpg

この船のオブジェを見てどなたのお宅か

わかる方もいるでしょう。


最近BESSのログログでも執筆中の

「007ginさん」宅へ初訪問してBESS会をしてきました。


もーね、ginさんちって変な家なの(←褒め言葉ね!)

至るところにginさんお手製のDIYだらけ。

IMG_1823.jpg

薪棚の上に登るって発想はないよね。

そして登るのにクライミングのパーツを

使うとかもおかしいでしょ( ^ω^ )

IMG_1811.jpg

既存の屋根裏に登るためのハシゴも自作。


そもそもginさんって自分でなんでもできるから

シーリングファンの施工や電気系統も

自分でやっちゃってる強者。

みなさん!ただの変わった家ではないのですよ!

IMG_1824.jpg

お昼もオシャレで美味しかった(^ ^)

ご馳走さまでした!


これでBESSオーナーさんのログハウスに

お邪魔させてもらうのは3軒目なんだけど

どのお宅も個性的。


ワンダーデバイスのオーナーさんのお宅にも

何軒かお邪魔させて貰ってるんだけど

正直な感想はログオーナーさんのが個性強い( ´ ▽ ` )ノ

たぶんどのログオーナーさんも自覚はあると思います(笑)


BESSオーナーさんはどの人も面白い。

また遊ぼう!

にほんブログ村 住まいブログ DIYへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ
にほんブログ村

床の再塗装をしてから1週間後。

DSC07803.jpg

床の再塗装から1週間たった状態がコチラ。

塗料も落ち着いてきました。

DSC07801.jpg

ウォーリーを境に右側がサンダーをかけた窓側。

左側は水滴によるシミがなく細かい傷だけだったので

傷のひどい箇所だけサンダーをかけてから塗装しました。

サンダーをかけたらもっとキレイになるけど

そこまでの労力を使ってキレイにするつもりもないのでこれで十分。


◎記憶があるうちに記録を残しておこうd( ̄  ̄)


晴天の風のある午前中に作業。

夕方まで窓を開けっ放しにして扇風機をまわす。

1日目は少ししっとりしている。

やっぱり塗料が落ち着くまでに3日くらい。

それまで普通に家具も入れて過ごしても問題なし。


乾いた感じが出てからは水も弾くし床も滑る。

ホコリも滑って舞っているから掃除は必須ね。


問題点が一つ。

使ったのはBESSの室内用の純正塗料の一斗缶なんだけど

最後の方だったの今まできちんと混ぜて使っていたつもりが

しっかりと混ぜきれてなくて(こぞんでるっていうと方言?)

塗料が標準よりも色が濃くなりました。


これは塗料が途中で足りなくなり

新品の小さな缶を使ったことで色の違いが判明しました。

なので我が家の床は現在ちょっとシックな色です( ´ ▽ ` )ノ



そして塗装をした後にスライムを落として

気付かずにそのまま乾いてしまうと

スライムと一緒に塗装も禿げることも判明。

DSC07802.jpg

ウォーリーの上の丸いとこね。

犯人は次女ちゃん。

たいてい次女ちゃん。

ソファにもスライム。

服にもスライム。

かんべんしてちょーだい。

にほんブログ村 住まいブログ DIYへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ
にほんブログ村