家族のまんなか/ワンダーデバイスのくらし

DIYしたガレージの扉の秘密。

前回の記事にも少し載せた我が家のガレージ。

ハイパーじいちゃん作の「ほぼ余り材と廃材」でDIYしたガレージです。

ガレージ前

ガレージの扉1

そのガレージの扉を開けると・・・

ガレージの扉3

また扉。

その謎は・・・秘密です。


というのは嘘で、実際にモノを見ないと説明しづらいんですが、

本当は扉を開けて木枠のロックを外し、横の木の面を左にずらすと

広く間口が開きバイクが出し入れできるのです。

ガレージオープン

(この写真は別の日です)

この日は木の面をずらして換気していたのでこんなことになっていて

ムスメたちガレージに入れなくて不思議がってました。



ちなみにドア部分は以前住んでいた家の勝手口のドア。

横のスライドする部分は木の雨戸2枚分。

外側にワンダーデバイスの室内の壁の余りを張り付けてかっこよくしています。

さっすがハイパーじいちゃん。

“お金をかけない工夫” がいっぱい(笑)。

スポンサーサイト

ワンダーデバイスの4年間のメンテナンスの話。

我が家のワンダーデバイスが8月で満4年になりました。

我が家は土地の形状の関係で特殊な形をしています。

道路から

通常の位置に玄関はなく、基礎から伸ばしたコンクリートと

ガルバニウムが威圧的に道路に面しています。

(手前の建物はほぼ余り材と廃材でDIYしたガレージです。)


この基礎のおかげで工期が1ヶ月遅れたのがもう遠い昔のよう・・・。

その原因はこの工法だと市の許可が下りなかったのです。

その時は基礎の強度を増す工事を追加することで解決になりました。

(この件はBESSの責任だからと支払いをせずに済みました。)


BESSの方の話ではこの件以降、私たちの住む市では

この工法で家を建てるのはやめてくれと言われたそうです(汗)。

でもこの威圧感が主人のこだわりなんで審査に通って本当に良かったわ。


この4年間で点検などで補修をしてもらった箇所をリストにしてみます。

【室内】

 ●建築中の傷・板の隙間

 ●建築中の塗装のムラ

 ●クローゼットのノブが取れた

 ●寝室のドアの板の下が取れた

 ●玄関ドア・クローゼットの開閉に違和感

 ●洗面所引き戸のズレ


【室外】

 ●台風で木部の劣化→事情がありBESSに全面塗装してもらいました

 ●台風で木部側のガルバニウムがはがれた

 ●デッキの板が割れた

 ●窓枠のコーキング

【薪ストーブ】

 ●炉台の隙間のコーキング

 ●煙突トップの交換(塗装が何度もはげた為)

たぶんこれくらいだったと思います。

もちろん全て無償でだいたい2年の間におきた事です。

一番大きいのは木部の劣化をBESSに補修してもらったことかな。


BOBのQ&Aでメンテナンスの事を「sayaさん」にもつたえましたが

どんなことでも困ったらまずは担当者に連絡しましょう。

そこでうまく伝わらなかったら我が家は営業の担当に言って改善してもらいました。

でもどんな小さなことでもBESSにしっかり対応してもらってます。

BESSの建築を悩んでる皆さん、安心していいですよ(笑)。

ちなみにうちはBESS浜松が担当です。


さて来年は5年目点検。

ということは・・・いろんな手続きの更新の年。

●我が家はフラット35なので毎年ある健康保険の更新

●シロアリ対策(10〜20万円くらいだって!)

本当は「地震保険の更新」も5年ごとなんだけど、

我が家は東日本大震災前に建てていて、震災後に保険の見直しがありました。

それでワンダーデバイスの等級が上がり保険料が下がって、

契約をしなおしたので更新が一年ずれました。

ということで5年目は結構な額が必要になるので注意が必要です。


さて、涼しくなったら木部を塗るぞ〜!(主人がね)

手つかずの2階もDIYして欲しいしことがいっぱいだし、

外の子どものママゴト収納もDIYして欲しい!

4年たってもまだまだ未完成の我が家でした(笑)。

もらった柿の木にキノコが・・・。

7月にもらってきた柿の木を山積みにして

土の上に放置しておいたらキノコが生えちゃいました。

柿のキノコ

この柿の木はたぶん2月頃に切ってあって畑に放置してあったもので

7月に貰ってきた時点でいろんな虫が住んでいる気配がプンプンしてました。


夏の暑さに加え、柿の木ならそんなに固くならないので

日にちがたっても切れるからと庭に放っておいたら・・・

見たことのないキノコは生えるし、なんだか沢山の虫がいそう。


でもこんな状態の木でも冬になったらありがたい燃料。


休みの日にやっと主人が切ってくれました。

でも長そで長ズボンで作業していたけどズボンに少し穴が空いていて

そこからアリが入って噛まれたようです。

2日たってもまだ痛いって。

みなさんも気をつけてね。



こんな木は窓の外に置いて使う分だけ家の中に入れないと要注意。

冬でも暖かいBESSの家。

虫が活発になります。ええ、とてもとっても活発にね。

住むより楽しむBESSの家。

住めば嫁がタフになるBESSの家。

だって一番長く我が家にいるのは嫁の私ですよ。

家事の項目に薪ストーブの火付けと薪の補充、虫の退治がある家。

みなさん、がんばりましょう。

知床のSさん宅周辺にはヒグマがいるって。

前に紹介した知床在住のSさん。
http://hako120.blog.fc2.com/blog-entry-96.html

薪割りもだけど、いろんな生活のスケールが凄すぎるSさん宅。

自宅の周りにはやはりヒグマがいるそうです。
しかも、たっくさん。

知床熊1

知床熊2

最近テレビでも知床のヒグマ親子の番組やってたし
そりゃいるよね〜。

でもSさんってば薪割りだけでなくヒグマに対してもスケールが違うんです。

Sさんのヒグマに対しての考えをメールで頂いたので以下に掲載します。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

私達はヒグマに対して次のように考えています。

私達はヒグマの棲んでいるところ、通るところであることを知りながら家を建てました。ですからヒグマの邪魔もしないしするつもりもありません。実際何度も家の前に現れ、時には軒下まで通って行きますが、家の周囲の物や家の中には一切興味をもつ様子もなく森へと姿を消して行きます。ヒグマも私達人間や家に興味があって来ているわけではないと思っています。

勿論興味をもたれないないよう気を付けています。単独個体だけでも4・5個体、多い時には7個体のヒグマが現れますが、ヒグマが突然向かって来たり、恐怖を感じるようなトラブルは一度もありません。親子グマでも同じことが言えます。

ツキノワグマは狂暴ですが、ヒグマは臆病な動物と言われています。人間側が何もしなければ何もしてきません。

ヒグマが人を襲う動物だったら今頃数えきれない死者がでていると思います。ヒグマはそういう動物ですが、人間の間違った行動により、いつ人間を襲ってもおかしくないヒグマが増え、そのようなヒグマは人を襲う前に“危険なヒグマ”と扱い何頭も駆除されています。

私達にもしもこの先、ヒグマとトラブルが起きてもどこにも責任を追求するつもりもありませんし、追求できないことだと思っています。それは自然の中で生活している以上自己責任だと考えているからです。(しかし最近、先程の話しのように人間の間違った行動により人間を襲いかねないヒグマに襲われた時は別かなと複雑な思いです)

私達はヒグマの住んでいるところに後から住んだこと(ヒグマの住んでいるところで私達が生活していること)であり、ヒグマに対しては私達が一歩引く立場であることを常に思い行動し、私達はヒグマの住む自然環境の中でヒグマと共存し生活しています。

私達はヒグマの専門家でもなんでもありませんが、私達の経験から “ヒグマと共存” についてこう考えています。

ヒグマの住んでいるところに後から入った人間は、豊かな自然環境を自分達だけのフィールドととらえず、ヒグマに対して一歩引いた行動をとること。

地元住民や観光客、人間一人一人が、ヒグマのこと、習性や存在感をもっと知り、ヒグマに対してどう行動するべきか、ヒグマという野生動物の捉え方や考え方を見直し行動することで、ヒグマが必要以上に駆除されることもなく、豊かな自然環境のなかでヒグマと共に生活することができ、ヒグマと共存ということに限りなく近づくことが出来ると私達は考えています。

ヒグマが駆除されると “何で殺したんだ” とよく耳にしますが、駆除した人には責任はありません。駆除されるような行動をとったヒグマが問題であり、そういうヒグマになった原因が問題なのです。全てが人間側にあるとは言いませんが、大半が人間側の誤った行動が原因の一つでもあると思います。その原因を把握し原因をなくすことがヒグマが必要以上に駆除されずヒグマ保護につながると思います。

余談ですが、家の娘は今小学校6年生ですが、地元の子供の中で一番と言えるほどヒグマとの遭遇は多いと思いますが、ヒグマを見ても関係機関へ連絡しないでと低学年の頃から言っています。
どうしてと聞くと、「撃たれちゃうから」と言いました。飽きる程ヒグマと遭遇しても「怖い・危ないから殺して」とは一度も言ったことはありません。

ヒグマを悪者とは思わず、邪魔者扱いもせず、自分自身の行動(ヒグマを怒らせない行動)に気を付けています。子供ながらに共存意識をもちはじめているなと思っています。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

私がこの文を読んで見て、メディアなどで聞く情報と
実際に暮らしている人の話は違うんだなという印象を受けました。

しっかりいろいろな情報を得て考えないといけないものですね。

Sさ〜ん。またスケール違いの話をお待ちしてます(笑)。
Sさん宅のワイルドな生活に興味のある方は拍手を押してみてね〜。

100均の手ぬぐいをエプロンへリメイク。

今回はセリアで買ったネイティブ柄のブルーとベージュをリメイク。

ムスメたちが柄を気に入りエプロンをオーダーされました。

まずは下のムスメのエプロン。

エプロン1

紐が足りなかったのでチロリアンテープを足しました。

上の子は下の子と同じ形だと横幅が足りなかったのでこの形へ。

エプロン2

ポケットの布までとれなかったので下にボンボンつけました。

同じく紐が足りないのでチロリアンテープを足してます。


2つとも手ぬぐい一枚でできていて、作り方は適当で〜す。

ちなみに下の子3歳(普段の服は90〜100cm)
上の子は5歳(普段の服は110〜120cm)です。

二人とも気に入ったようでカフェごっこをするのに毎日愛用♪

ただ最近、暑いので今日は着るのやめたらとつっこむ日々です(笑)。

やまぼうしの実がなりました。

今年の5月に咲き誇っていた我が家のシンボルツリーのやまぼうし。

あれからほとんどの実が落ちてしまったんですが

残った実が少しだけありやっと大きくなってきました。

やまぼうし実1

その中でも色づいたのは4つだけ。

早速、念願のやまぼうしの実を食べてみました。

やまぼうし実2

中もオレンジ色で聞いていたようなマンゴー味はしない・・・かな?

なにせサクランボみたいな大きさで皮が厚くて

さらに種もサクランボ位あるので食べる所なんてほとんどないわ。

思ったよりザラッとした果肉ですが香りはあえていうならマンゴーかな。

でもこれまとめて10個くらい食べないと味は分からないわ・・・。

皆さんも機会があったら食べてみて〜。

デッキで風船釣りとボールすくい。

夏とは思えない変な天気が続きますね。

我が家の地域では曇りか雨、晴れても快晴とはいかない毎日です。


今日は主人も仕事でいないのでデッキでプールでもだして

ムスメたちを遊ばせようかと思ったけど天気が微妙。


そんな時は小さいプールで「風船釣りとボールすくい大会」を開催。

デッキ風船1

最近、町内のお祭りなどで水風船を大量に確保。

それにスーパーボールを足してひたすらすくい続けます。

5歳のムスメちゃんでもお祭りで水風船を釣るのが難しいので

手作りの“絶対に切れない紐”で猛特訓中。

デッキ風船2

「釣れた〜♪」と得意げです。

3歳のムスメちゃんは趣旨と母の注意は完全に無視。

風があるからプールに入っちゃダメよという言葉は聞こえないようです。

というかもう二の腕まで入ってる服もビショビショだし・・・。

デッキ風船3

楽しそうだからまぁ良しとしますか。

デッキの主のアズキはムスメたちの体をベロベロして不人気なので

今回は繋がれたまま。

デッキ風船アズキ

「大変不服でストレスでごわす。」と申しております。

咳から疲労骨折。

かれこれ1ヶ月くらい咳が出てたのに病院へ行かなかったら悪化しました。

お盆前に内科にいって解決したかと思ったら、次は脇腹が痛い。

今度は整形外科を受診したら、咳のしすぎで肋骨が疲労骨折してました。

いやぁ参った(泣)。



・・・でもこれ実は去年の年末にもやってるんだよねぇ。


その時は子どもの風邪が移ってひどい咳が出ていたんですが

年末だったこともあり、病院にいかずに過ごしました。

そうしたら3日目くらいに脇腹が痛くなり

「それは肋骨にヒビがいってるよ」と母に指摘されても病院に行かず過ごしました。



その時は病院に行かなくても咳も脇の痛みも1ヶ月位で治ったので

今回も病院に行かなくても治るかと思っていたのが甘かった。


今回の咳は内科にいった後に高熱がでるし、咳がなかなか治まらず肋骨が痛い。

年齢とともに治りが遅いことを実感しました。

皆さんも無理はしないように・・・。


今回もムスメたちは両方のじじばばのお世話になりました。

近くに両家の実家があって本当に助かりました。

お世話になった皆さん、ありがとう。


ワンダーデバイス生活は乾燥に注意です。

「早く病院に行けばいいんだよっ!」というツッコミが聞こえてきそうです。

子育て中は自分のことで病院に行きにくいのが現実ですが今回は反省しました。

予定変更しちゃったり迷惑かけた友だちにも改めてごめんなさい。

台風が過ぎたら家を水洗い。

すっごい風と雨の台風でしたね。

我が家の地域では台風直撃ではなかったのですが

それでもすごい雨と風でした。


以前BOBでもどなたかが載せていましたが

台風が過ぎた翌日は家の外壁(特に木部)を水洗いしたほうがいいですよ。

庭の植木ももちろんです。

これも日常のメンテナンスのひとつになります。


やはり台風の雨風のなかには海の塩分が入っているようで

ワンダーデバイスを建てたばかりの一年目の台風の時に

そのことを知らずに何もしなかったら木部が劣化しました。

もちろん植木も塩分で葉っぱの先端が枯れてくる始末。

知らなかったとはいえ大打撃をうけました。


私は夏なのに風邪をひいて調子が悪いので

明日の朝、仕事に行く前の主人にお願いしま〜す。

みなさんも台風すぎたら家をジャバジャバ洗ってくださいね。

デッキの扉をじいちゃんがDIY。

我が家の愛犬・黒柴アズキ。

いろんな攻防があったけど彼女のストレスに負け

今はまたデッキで自由に暮らしてます。


やっと元の生活に戻れたのに

先日、ラティスを加工して作ってあった扉を破壊して脱走しました。

そのあとも扉の補強DIYをしたけど、ちょいちょい破壊し続けています。

これは困ったもんです。

やっぱり困った時にはハイパーじいちゃん出動。

じいちゃんアズ作業

自宅のジャンク品の材料の中から扉をDIYして取り付けてくれました。

これ、もとはベランダの柵。

アズキは10cmあれば通り抜けれることが判明したので

加工して間隔を狭くして、それに木枠をつけてあります。

じいちゃんアズ作業2

今回の扉はドアノブとキャスター付き。

受けになる鉄柱に穴をあけてあるので

ドアノブをまわすと開け閉めができるようになっています。

もちろん鉄柱もじいちゃん所有のジャンク品。

庭を造成する時に業者に頼んでつけてもらってます。


アズキはドアノブを回せないと考えていますが

頭がいいのでいつか仕組みに気づくかも・・・。

じいちゃんアズ2

今はただ、なんだこりゃって顔をしています。

作業中にアズキが鉛筆を破壊したり、工具をなめたり、

電動ドリル使ってるところを覗き込んだり、

目の前を何度も通りすぎてもじいちゃんは絶対に怒りません。

メダカの水を飲んだり水草を食べたりしてもね・・・。

アズキにものすごく優しい。溺愛しちゃってます。

よかったねアズキ。