家族のまんなか/ワンダーデバイスのくらし

子どもと作るハロウィン飾り。

今日はハロウィンですね。

(勘違いをしていました。明日がハロウィンですね。)

先日、ムスメと一緒にハロウィン飾りを手作りしました。

手作りといってもとっても簡単な折り紙です。

参考にしたサイトはこちら。
http://www.origami-club.com/holloween/

DSC03261.jpg

折り紙を厚紙に貼ってリースにしてワンダーデバイスのリビングに飾りました。

ん?何か変なの混ざっているの気づいたウィッスか?

DSC03262.jpg

基本のオバケをアレンジしてウィスパーにしちゃいました。

さらにアイロンビーズでカボチャも作成。

けっこう楽しかったです。

ムスメたちにも近所の子にもウケて良かった(笑)。


100均にもけっこうかわいい雑貨がいっぱいあったんですが

今回はムスメとの手作りを楽しみました。


折り紙もちゃんと折ると素敵なリースになるもんだわ。

近所のお母さん方と「トリック オア トリート」の約束をしたので

ムスメたちも夕方を楽しみにしています。

コスプレは先日作ったばかりのアナ雪風ドレスで行ってきます!
手作りアナと雪風ドレス

スポンサーサイト

薪ストーブの掃除が完了。

主人の休みの日にやっと薪ストーブと煙突の掃除を済ませました。

主人はシフト制の仕事なのですが、最近は主人が休みのたびに雨が多いのです。

・・・いやっ違うわ。

そもそも振り返ってみると彼の関わるイベントの時は全てが雨。

10年前の結婚式も4年前の引っ越しの日も大荒れの台風だった。

今年のフジロックも3日間のうち唯一の大雨だった日に参加してたし、

主人が企画したツーリングも雨でほとんど中止。

これは間違いなく雨男なのでは・・・。

来月の塗装予定日と男友だちと行くキャンプの日が雨だったら雨男決定。

・・・妖怪のしわざかな?


さて話は本題に戻ります。

主人の休みの日に煙突と薪ストーブの掃除をしました。

以前に買った雑誌「チルチンびと」の薪ストーブ特集を参考にしています。

煙突掃除1

専用の長いタワシみたいなのに段ボールでつくった蓋をつけます。

煙突掃除2

煙突の一番下と2番目を外します。

ゴミ袋を2重にして底にタワシの棒を突き出します。

その袋をテープで煙突に隙間がないように付けてゴシゴシします。

この時に養生テープを使うとベタベタしなくて楽ですよ。

煙突掃除5

デッキからアズキも見守ります。


煙突掃除6

一般的なバケツの半分くらいの量のススがでました。

煙突掃除3

一番下と二番目の煙突は外してデッキへ。

煙突掃除4

中には5mm位のススがついていて、こちらは外したままデッキでゴシゴシ。

1時間もかからず作業は終了。

その後、ストーブ全体をオリーブオイルで磨いたらピカピカになりました。

ガスケット類の交換は去年したので今年はこれで完成。

煙突掃除7


さらにその後、煙突の周りのホコリが気になる主人が雑巾で掃除。

こんなことばかりしているから腰痛が治らないのよね・・・。

さらに1階の床と階段も雑巾がけをしていました。

本当にマメ。

でもおかげで家がピカピカです。

ありがとう。

ところで雨男ってお祓いしたら良くなるのかな?

エルサ風ドレスをつくりました。

ムスメにせがまれ「アナと雪ごっこ」をするためのアイテム

“エルサ風ドレス”をつくりました。

エルサ風1

題にもあるとおり、あくまでもエルサ風です(笑)。

自分で脱ぎ着できるように後ろをマジックテープで止めて着ます。


エルサ風2

お姉ちゃんのはギラギラのラメラメレース付き。


エルサ風3

妹ちゃんのはフリフリをつけてかわいらしく。

エルサ風4

腰のレースは取り外しができて首につけるとショール風にもなる。

でもその工夫は妹ちゃんに完全拒否され腰にしかつけない。

だったら一緒に縫ってしまえば良かった・・・。


普段からお姉ちゃんが突然「アナ雪ごっこ」を始めるので

すぐに着て追いつかないと怒られるので着やすさ第一。


水色の生地だからかろうじてエルサ風と言えるでしょうか・・・。


我が家のムスメたちはまだ「アナと雪ごっこ」にハマりまくっています。

しかも二人姉妹だから設定がしやすいのか毎日ちょっとした劇状態。


3歳の妹ちゃんが真顔で「ハンス王子にくにをまかせましゅっ。」

と、言わされているのを見ると母はひそかに失笑。


妹ちゃんはドレスはエルサ風ですが配役はいつもアナ。

本当はエルサになりたいのに妹ってそんなものよね。

がんばれ。


スマイル

以前にスマイルプリキュア風のエプロンを作りました。

今回はドレスみたいに作ってとオーダーされ、形に悩みました。


自分で脱ぎ着ができる形でないとその度に手伝うの嫌だしね・・・。

更に服の上から着れて、長く着れるようにサイズ調整も出来る形に。


とりあえず色んな生地を1mくらいずつ買って、

ムスメに直接あててサイズを測りながら構想し3日で出来ました。

予算は1人1000円くらい。

あくまでもエルサ風ですがムスメも喜んでるし良かったわ。

木部のめくれと外壁塗装の話。

外壁塗装を10月にする予定だったのですがまだ出来ていません。

来月の初旬に塗装をする予定で

フェイスの木部に一部めくれかかっているところがあるので

対処法を聞きにBESS浜松に行ってきました。


DSC03226.jpg

写真のような薄くめくれかかった所が何カ所も。

これはカッターを入れてそっと切り取るといいようです。


カッターを使わないと必要以上にめくれてしまうので注意だそう。

その後はそのまま塗ってしまえばいいようです。


ちなみにヤスリはかけてはいけないそうで

削った粉が木に入ってしまい塗料が浸透しなくなるので

絶対やってはいけないと念を押されました。


傷の目立つ所だけ削ろうかと思っていたので聞いて良かった〜。


DSC03229.jpg

他にもガサガサと劣化しているところも多々。

担当者と話し合いBESSで2年目位に塗装してもらってます。

それ以来の2度目の再塗装。


木部って日光よりも風で傷むそうです。

我が家は日当りも風も強く当たる所なんでこんなにひどい傷なんだろうか。

他の方でこんな状態の方がいたら教えてほしいです。



BESSで足場を組んで塗装を頼むと12万円くらいだそう。

以前に足場だけで40万円と聞いていたのですがそれはログの話でした。

間違って伝えていた方ごめんなさい。


今回は14mの脚立を借りれる事になったのでそれでチャレンジ(主人がね)。

脚立で塗ると横移動ができないので色ムラが目立つようですが

12万円を払わずににそのムラを楽しみたいと思います(笑)。

塗装すら楽しもうという考えがワンダーライフですね。

薪割りの次の日は。

薪割りの次の日に小枝を盗んだアズキ。

アズ枝1

日の当たるデッキで盛り上がってカミカミしてます。

これって実は遊べって誘ってるんです。

その後、小枝を持ってきて投げてって渡してくるのがかわいい。


DSC03213.jpg

ムスメは薪割りに使っていたテーブルでゴロゴロ。

BESSの家に住んでいると自由な子に育ちます(笑)。

暖かい日曜の日の我が家の一コマでした。

思い立ったら薪割り。

先月に町内でもらった木を早く割ったりしないといけないのですが

主人が腰痛で、木を運ぶのもためらう感じなのでなかなか進みません。

普段は今日は “薪仕事”って決めて半日くらい作業をするんですが

長い時間、作業をすると腰が辛いようなので

思い立った時に30分ほどだけ作業をしています。

DSC03208.jpg

チェーンソーで細い枝も切っちゃいます。

長さを決めてチョークで目印をつけると作業が早く進みます。


私はチェーンソーを使うのは怖いのでこんな簡単な手伝いしかできません。

(薪を運んだり細い枝を切ったりはしてますよ。)


試しに主人のいない日に薪割りにチャレンジしてみました。


木の種類によって割りにくさは変わるようですが、

主人は、その木は10回ほど斧を振らないと割れないと言っていました。

結果、私は惨敗。

節のある固い木だったんで、ただ斧の後が凹むだけ。

自分のへっぽこぶりに凹み、ダブル凹みで終わりました。


私、肋骨のヒビの箇所にまだ違和感あるし・・・。

ぎっくり腰と肋骨ヒビ夫婦。

すごい響きだわ。

しばらくはこんな調子でがんばります。

実は薪ストーブの掃除がまだなんです。

主人のぎっくり腰がまだ完全に復帰したわけではないので

色んな作業がなかなか進みません(泣)。

薪割りと外壁の木部の塗装、あとは薪ストーブの掃除もまだ・・・。


我が家のストーブシーズンは毎年11月半ば位から4月の初旬まで。

毎年、掃除は9月にやっていたのですがその時期にまさかのぎっくり腰。

なのでまだ薪ストーブの掃除ができていないんです(汗)。


BOBでみると皆さんもうストーブを焚いているようですが

我が家は愛知県の沿岸部なのでまだそんなに寒くはない地域です。


さらに住宅街に住んでいるので薪ストーブを焚く時間も

近所の人が洗濯物を取り込んだ位の夕方4時からと決めています。

今年は特に薪不足なんでストーブを焚く時間も節約することになりそうです。


また無理をして動けなくなってもいけないのでボチボチ進めてもらいま〜す。

無印良品のトタンボックスですっきり収納。

DSC03175.jpg

我が家では無印良品のトタンボックスを台所の収納で使っています。

これは小さいほうのサイズ。

粉ものや使いかけ食品なんかを入れるのに丁度いい大きさです。

以前に左の2つを購入して使っていたんですが

主人の妹夫婦が家を建てて、お祝い返しに欲しいモノをリクエストしてっと

言ってくれたので新しく2つ頂きました。

写真では分かりにくいですが少し持つ所の部分の材質が違います。

でも3つ並んでスッキリ。

主人が以前にDIYした棚にもしっくりハマっています。


残りの1つは子どものお菓子入れにして別の場所へ収納。

ありがとう〜妹夫婦。

今どき珍しいトタンボックスを作ってくれて無印良品にもありがとう。

台風の日は室内でDIY/その2。

昨日の台風はこちらの地域では雨も風も結構強かったです。

さて台風の次の日は、またまた家の外壁&デッキ&庭木の水洗いをしますよ〜。

皆さん水洗いしてますか〜?

台風の塩分入りの雨をなめてはいけません。

本当にこの作業はメンテナンスとしてしたほうがいいですよ。

台風の塩分入りの雨で傷んだ外壁の持ち主が言うんだから間違いないです(笑)。


さてさて、昨日のDIYの続きです。

たたみ1

1階のリビング横、畳のスペースに棚を増設しました。

畳1

収納前はこんな感じ。(写真暗くて見にくくてすみません)

棚受けはホームセンターとIKEAのものと薄い木で受けています。

ここは本当はパソコンや本などを置いてくつろげる

大人のスペースの予定で作った空間ですが今では完全に子ども部屋(笑)。


子どものモノってカラフルでゴチャゴチャしてて散らかりやすい。

しかも最近ムスメたちの工作とかどんどん増えていくし・・・

作ったモノをすぐに片付けてしまうのもなんだかちょっと可哀想。


でもこの畳スペースにおもちゃや工作品を片付ければ、

リビングの床より一段上がっているので部屋がスッキリします。


小さいお子さんのいるお家にはおススメの間取りですよ。

畳の上でお昼寝もできちゃうしね。


たたみ2

右のおもちゃを入れた棚と左のうすい棚も主人作。

真ん中のままごとキッチンはIKEA製です。

おもちゃをディスプレイしつつ収納すると少しゴチャゴチャ感も減るよう。

信用金庫さんに頂いたアンパンマンも飾ってしまえば楽しい空間・・かな?


このごちゃごちゃした感じもあと何年かの我慢・・・のハズ。

最近、2階にちゃんと子ども部屋を作っておけばよかったと後悔もしています。

(2階は寝室の部屋のみで後はフリースペースになっています。)



あとは主人に余り材で何カ所か棚を付けてもらいました。

しかもちょうどいい長さの余り材があったのでのこぎりも使用せず簡単DIY。


ちゃんと棚の上にモノを飾れたらまたブログにのせま〜す。

飾るモノを家の中から選ぶのってなかなか難しいんですよね。


でも主人のおかげで台風なのに家の中スッキリの我が家でした。

ありがとう〜♪

台風の日は室内でDIY/その1。

今週も台風ですね。

今回は時々家が揺れるほどの強い風を感じます。


本日は主人がお休みで、ぎっくり腰がまだ完治していないんですが

前から気になっていた箇所に棚をつけてもらっています。

DSC03179.jpg

玄関に余り材を入れたコンテナをどっかり置いてここで作業中。

のこぎりだってここで使っちゃいます。

今日の玄関は台風で飛びそうな外の物などを入れたので特に散らかってます(汗)。

(玄関に勝手口がついている不思議な間取りも気にせずに・・・)

以前にも載せた“閉店する雑貨屋さんでもらったSPF材”が

まだ残っているので大きい板はそれを利用。

以前の記事はこちら。

これらの余り材は室内に収納してあるので雨に濡れる事なく作業ができます。

台風なのに室内でDIYしちゃうところがワンダーデバイス生活って感じ(笑)。

また家にある在庫のみの“材料費0円のDIY”。

がんばれ主人。

結果はまた。