家族のまんなか/ワンダーデバイスのくらし

動物園の間伐材を貰って割った。

前回はクスノキばかりだった動物園の間伐材。

正直いってクスノキの割れにくさに参っています。

(夫婦揃ってクスノキ嫌いになってきた・・・)

今回はクスノキの薪は遠慮したいと思っていった間伐材の配布。

なんとラッキー。

切りたてのナラ系の木を1本分発見。

DSC03618.jpg

写真でみてわかります?90パーセント以上クスノキなんです。

DSC03629.jpg

もううれしくってその場で夫婦で割りまくり。

DSC03623.jpg

クスノキのストレスから解放されパッカパカと気持ちいい〜♪

薪割り台も選び放題、長い薪も主人なら簡単に割れます。


その場でエンジンチェーンソーも使えるし

斧を振っても自宅と違い人目がないので気にせず作業が早い。

DSC03632.jpg

薪を割りつつデリカD5に乗せる作業が2時間。

今回はハイパーじいちゃん宅にある薪棚に入れらせてもらいました。

DSC03633.jpg

このじいちゃん作の薪棚はもちろん廃材メイン。

下は古い脚立を利用してガレージから屋根を伸ばしトイもついてる。

床から30センチほど上げてあるので通気性がいいです。

薪は乾燥中に虫に喰われることが多くて木のクズが下にでるけど

これなら湿気対策にもなるし定期的に掃除もできます。


棚に入れる作業が30分。

今までで一番効率のいい薪割りでした。

ただその夜から体のいろんなところが痛い。


最近は薪の話ばかりブログに書いているので

薪割り女子(アラフォーですけどね)とでも名乗ろうかと思う今日この頃 。

DSC03636.jpg

今回初登場。じいちゃん宅にいるアズキの息子のギンタくん。

どことなくアズキに似ているでしょ。

DSC03287.jpg

おやつが欲しくてカワイイ顔をするアズキ。

下のボタンをおして貰えると頑張れます。
にほんブログ村 インテリアブログ 子供あり家庭インテリアへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ
にほんブログ村

スポンサーサイト

薪集めですごく親切な方に出会いました。

昨日は主人も休みだったので薪割りがんばりました。

DSC03617.jpg

なんとか薪割りも半分くらい終わりました。

秘密兵器「剛腕君」も写っていますがその話はまた今度。


さて本題ですが、時々通る道に大きな木を伐採したままの畑があって

ここ一ヶ月ほどそこを通るたびに気になっていました。


先日その隣の畑におじさんが居たので思い切って声をかけてみました。

すると木のある畑はその人のものではなかったのですが

わざわざ畑の所有者に電話をしてくださり

倒した木を持っていっていいことになりました〜。


さらにおじさんはムスメ二人が車中にいるのを見て

畑にあるキャベツとブロッコリーの収穫を体験させてくれました。

DSC03615.jpg

キャベツはすごく甘くて美味しかった〜。


さらにさらに次の日に電話があり

畑の上にあった雑木林の土地の持ち主にも電話で交渉してくれたようで

雑木林の木を好きなだけ切って持っていっていいことになりました。


なんでもその雑木林のせいで畑の作物に日が当たらなくて

おじさんが畑側から木を定期的に切って処分していたそうです。

その処分の手助けになるからこっちも助かるわなんていってくださるし

もう本当に感謝しまくりです。

その場でチェンソーも使ってよくて必要ない葉っぱは置いていっていいし

「暇があるときに長さを揃えておいてやるわ〜」とのこと。

しかも好きな時に好きなだけ取りにくればいいって〜。


おじさんは岩手の出身で故郷が震災で流されたそうで

「岩手の人は人との出会いを大切にするから親切にするんだ」と。

もう本当にちょーいい方。


今回、思い切って知らない方に声をかけてみましたが

本当に人との出会いって大切だなと思いました。

いろんな人に感謝していきていきたいです。


畑には金魚もたくさんいて子どものために持っていけって言われてて

ムスメたちもその気満々。

えーっと今は庭のキャパ超えてますのでちょっと保留ですよ。


今まで家の裏にあった簡易の薪棚をキチンと作り直そうと思ってて

ハイパーじいちゃんに相談中なんで

ただいま最近切っている薪がゴロゴロと庭を占拠し始めております。


いよいよ今日は動物園の間伐材の配布日。

あまり太い木は割るのが大変なんで貰わないこと決めました。

花粉症もでてきて夫婦ともにボーッとするけど頑張りま〜す。

おじさんのお礼は何がいいかな〜。

下のボタンをおして貰えると頑張れます。
にほんブログ村 インテリアブログ 子供あり家庭インテリアへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ
にほんブログ村

今年燃やせる梅の木の剪定枝を頂きました。

主人の知り合いの造園屋さんから梅の木をもらいました。

DSC03611.jpg

もう我が家の薪棚は乾燥した薪はスカスカ状態。

今年使える薪は残りコンテナ2つ分だったので大助かりです。

DSC03613.jpg

縛ってある細い枝の束は半分くらいに割って使います。

中には5センチくらいの太さの枝も混ざっていてそれはノコギリ作業かな。

梅の木は樹皮が硬く切った先が鋭いので怪我をしやすいので注意。

けっこう地味〜に疲れる作業です。

でも即戦力の薪をいただけて本当にありがたや〜。

これでなんとか今年はなりそうです。


BOBで他の方のブログを見ると伐採とかされてて到底真似できないですが、

住宅街には住宅街らしい薪集めの方法があります。

今回は公園や造園屋さんからもらえてラッキーでした。


下のボタンをおして貰えると喜んじゃいます。
にほんブログ村 インテリアブログ 子供あり家庭インテリアへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ
にほんブログ村

動物園の間伐材の抽選に当選したのだ。

去年、初めて参加した動物園の間伐材の配布。

その第3回目の抽選があって2度目の当選をしました。

やったー。

DSC03610.jpg

配布日は2月25日(水)。

ということは今ある丸太をさらに急いで割らなくては。

でもこんなチャンスも滅多にないので頑張りま〜す。


最近もらったクスノキはパッカっと割れる木もあるけど

ほとんどが繊維がねじれていて細い枝でも割れにくく苦労します。

樹皮に苔も生えていて作業中に破片や粉が飛んだり

さらに花粉の気配もしてきたので目が痛い。

ゴーグルでもしようかな・・・。


でも薪割りしてると通りすがりの車中の人にガン見されるし

歩いてた20代位の女の子に「え〜っ」って言われちゃったし

ゴーグルなんかしたら完全に不審者だよね・・・。


「住宅街に斧を持ったゴーグル女現る」って防犯メールが回ったら嫌だな。

下のボタンをおして貰えると喜んじゃいます。
にほんブログ村 インテリアブログ 子供あり家庭インテリアへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ
にほんブログ村

薪割り、家事、ミシン。

ムスメのお友だちのお母さんからサーモスの2種類の大きさの

水筒カバーの製作を頼まれました。

DSC03607.jpg

やっと二つ目ができました。

小学校1年生の女の子用でシンプルな水玉をオーダー。

我が家にサーモスの水筒がないのでサイズを測らせてもらったりと

結構時間がかかっちゃった。


でもミシンはやっぱり楽しいな〜。

毎日薪割りばっかりしているわけではないですよ。

本日の薪割りは午前中に5本で終了。

そのあと家事→幼稚園の行事→家事→ミシンです。

主婦も案外忙しいんですよ。

幼稚園バスを待ちながらもう一回薪割りやろうかな。

バスから降りてきた5歳のムスメに「また薪割り〜?」って言われるけど

いつかはあなたもやるんだからねっと今から言い聞かせています。


下のボタンをおして貰えると私がヒャッホーっていいます。
にほんブログ村 インテリアブログ 子供あり家庭インテリアへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ
にほんブログ村

主人の休みの日はまずは薪割り。

主人が休みの日に朝から薪割活動してます。

DSC03599.jpg

まずは細い薪からなので電気チェーンソーを使います。

こんな狭い空間で作業しているし我が家は住宅街なので

エンジンチェーンソーは滅多に使いません。


あたり前のことですが主人の薪割りは力強いです。

私が1時間かけて割った量を15分もたたずに終わらせちゃう。


私はチェーンソーは怖いのでまだ使ったことがありません。


でもできる範囲で頑張らないとそろそろ花粉シーズン。

この時期になると夫婦ともに引き込もりたくなるので

少しずつでも頑張らねば。

頑張るばっかり言ってますが本当に頑張らないと終わりが見えない。

千本の薪も1本から。

頑張ります。

下のボタンをおして貰えると私がヒャッホーっていいます。
にほんブログ村 インテリアブログ 子供あり家庭インテリアへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ
にほんブログ村

ちょっとずつ割っていきます。

昨日の午前と午後に30分ずつ薪割りしました。

結果がこれ。

DSC03605.jpg

下の段が昨日割った分です。

なぜ30分かというと一度にそれ以上やると疲労が・・・。

疲労しすぎて家事ができなくなっちゃうと本末転倒。

千本の薪も一本から。

無理せずできる範囲でがんばります。

細い木から割っているので秘密兵器はまた今度。

下のボタンをおして貰えると私がヒャッホーっていいます。
にほんブログ村 インテリアブログ 子供あり家庭インテリアへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ
にほんブログ村

クスノキを大量に貰いました。

本日は主人がお休みだったので二人でのんびりランチに出かけたら

帰りに伐採された木が大量に置いてところを発見。


家に帰って管理施設を調べ電話してみると好きなだけ持っていっていいとのこと。

ヒャッホー。やったー。


バイクに乗ろうとしていた主人を引き止め経緯を説明。

速攻で取りに行きデリカD5で3往復。

DSC03591.jpg

大量のクスノキを手に入れました。

DSC03589.jpg


以前に動物園の間伐材でクスノキを貰ったけど

繊維がすごくてなかなか割れず手こずっていたのですが

秘密兵器を手に入れたのでもう大丈夫。


ただ我が家は変形した50坪ちょっとの土地に

家と駐車場とガレージ、洗濯物を干すスペースが必要なので

大量の木を一時保管する場所にも困るので只今えっらいことになってます。

DSC03593.jpg

完全に通り道にも薪をおいちゃってるし・・・。

主人に チェーンソーで長さを揃えて貰い

ちょっとずつでも割って片付けていきますかね。


あー。背中と手首が痛い。

足もすり傷できたし指もちょっと切った。

でも来年の薪が枯渇状態の我が家だったのがちょっと復活。

うれしいから頑張れるぞっ。


秘密兵器の話はまたこんど。

今日は疲れた〜。


下のボタンをおして貰えると私がヒャッホーっていいます。
にほんブログ村 インテリアブログ 子供あり家庭インテリアへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ
にほんブログ村

みんな大好きブラックサンダー。

ブラックサンダーを作っている有楽製菓の工場の直売所に行きました。

ここでは一般的に売っているブラックサンダーシリーズの他に

常盤堂の雷おこしとのコラボ「東京サンダー」や

北海道の「白いブラックサンダー」も販売していて全て試食できます。

(試食しすぎて気持ち悪くなっちゃった・・・)


DSC03554.jpg

今回は「白いブラックサンダー」と

「豊橋限定のブラックサンダーミニバー」を購入。

豊橋限定のは中のパッケージも豊橋の特徴あるものになっています。

DSC03555.jpg

豊橋の公式キャラのトヨッキーもちゃんといるよ。


今までお土産に渡す豊橋土産って渋〜いモノしかなかったので

このパケージデザインのお菓子はありですね〜♪

DSC03558.jpg

さらに工場で買った特典でビックサンダーの未包装を20個と

チラシのクーポンを持っていったのでさらにお土産ももらっちゃいました。

DSC03556.jpg

さっすが有楽製菓ふとっぱら。

工場販売は平日の10時〜14時までしかやってないのでご注意を。


下のボタンをおして貰えると私がヒャッホーっていいます。
にほんブログ村 インテリアブログ 子供あり家庭インテリアへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ
にほんブログ村

ラジオフライヤーがリビングに来た。

今までガレージに入っていたラジオフライヤー。

DSC03581.jpg

最近はリビングに鎮座して薪置き場になっています。

先日、主人がガレージの整理をして家の中に運び込みました。


子どもたちがもっと小さい時はこれにのせて出かけたりしましたが

今では二人合わせて30kgを超えるので出番も少なくなっていました。


リビングにあって二人とも乗って遊ぶかと思ったけど

最初に注意したのでちゃんと言うことを聞いて近づきません。


別件ですが薪ストーブや食器棚のお皿など

子どもの手に届くところに危ないモノがあっても

最初から言葉で注意をし続ければ小さい子でもそのうち理解します。


赤ちゃんの頃は薪ストーブの周りに簡単なゲージをつけましたが

それを外した年に下のムスメが温度のあがったストーブを触り指に火傷をしました。


火傷はビックリしたけさすがに若いので1週間で完治しました。

それから2度と薪ストーブを触りません。


我が家はうちの中で起きる程度の危険なことは体験して学べばいいと思っています。


よく「小さい子がいるから薪ストーブにはゲージが必須でしょ」とか

「台所は危ないから入れないようにする」という話を聞きますが

1歳半位から少しづつ分別つくようになるので大丈夫だと思います。


もちろんよく言い聞かせて多少の破壊も許容範囲にしておく気持ちは必要ですが。

(その子のタイプにもよると思いますが・・・。)

上のムスメも2歳の頃、台所の食器で遊んだりしましたが案外割れないモノです。


その代わり子どもでも手の届く範囲にお皿があるので

小さい頃から食事の準備をするなどお手伝いもしてくれています。


なんでも親が用意してあげるより自分でなんでもできる空間にしたほうが

子どもの成長も早いように思います。

その空間にアレンジできるのがワンダーデバイスのいいところなんでしょうね。


DSC03582.jpg

リビングにはさらに小さいラジオフライヤーが。

DSC03583.jpg

さらにダルトンのラジオフライヤー風オモチャも。

この二つに関しては子どものいい遊び道具になってます(笑)。

DSC03585.jpg

並べるとこんな感じ。

これもワンダーデバイスの定番かな。

下のボタンをおして貰えると私がヒャッホーっていいます。
にほんブログ村 インテリアブログ 子供あり家庭インテリアへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ
にほんブログ村