家族のまんなか/ワンダーデバイスのくらし

電話台+子どもの服かけDIY。

最近子どものモノが増えて困ってきました。

なのでこんなに暑い日が続くのに先週主人にDIYを頼んじゃいました。

(主人がフジロックにいく前の休みの日ね。)

今回は電話台もかねた子どものモノを収納できる棚。

電話台1

まずは完成写真から。
(下の配線はまだ整理されていない状態です。)

今回の材料は、
●端材と釘
●閉店する雑貨屋さんで貰ってきたSPF材
●貰いものの杉の板

なんと今回はうちにある材料のみでのDIY。

新しく材料を買ってくるならサイズも簡単だけど

今回は今までのDIYで余った材料を減らしてほしい目的もあります。


まずは縦の板をつくって中に使いたい箱を入れてみて棚の幅を決めます。

実際にモノを置いて決めたほうが数値で作るより失敗がないのよね。

電話台2

写真左側の柱はSPF材。

右側の柱はSPF材を杉板で挟んでいます。

同じ素材で数が揃わずこんな組み合わせになりました。

電話台4

天板は杉板を4本使用。

一番奥の板は電話線などを通しやすくするために釘を打たないままに。

なんだか最近の主人のDIYは細かい工夫が多いです。

さすがハイパーじいちゃんの息子。よっ!

電話台3

棚板はSPF材を4枚づつはめ込み一番手前だけ釘で止めてあります。


電話台5

左側には服を収納できます。

電話台6

右側にはカバンがかけれて幼稚園グッズも整理できました。

これでほぼ材料費0円。

やったー。

天板が少し荒めの杉板だったんで仕上がりに心配もしましたが

ワンダーデバイスの床も杉だからなんだかしっくりきています。


今回は使いたい収納の箱が決まっているのでそれに合わせてオーダー。

棚に合わせて収納の箱を買ってくるのが一般的ですが

使いたい箱にサイズをあわせて作れるのがDIYのいいところ。


ワンダーデバイスに住んでから、なんでも思った通りの

DIYをしてもらえる生活が当たり前になっていました。

あらためて主人に感謝です。

ただこんな真夏にDIYはするものじゃないと何度も言ってました(汗)。

作業は室内でもノコギリとか外仕事だからね・・・主人、焼けてたわ。

今回は主人がフジロックに行く罪悪感からか頑張ってくれたけど
みなさんも暑い日のDIYは無理をしないように。
スポンサーサイト

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック