家族のまんなか/ワンダーデバイスのくらし

薪棚の虫対策。

9月に入り涼しい日が続いてきましたね。

そうなるといろんな虫が活発になってくるようです。


まずは例の黒い虫「ゴキブリ」のはなし。

我が家のうちの中ではゴキブリを見ることはないのですが、

庭に薪があるのとアズキがエサを散らかすせいか時々外でゴキブリをみかけます。

うげぇ。

なのでこの時期の我が家のゴキブリ対策の定番。

DSC03025.jpg

はい出ました。ご存知「コンバット」。


冬になりストーブシーズンになって薪を使い始めると、

薪の隙間でヤツラは越冬してたりします。

ゴキブリは薪ストーブユーザーの悩みのひとつではないでしょうか。


去年、室外用の薬を置いたら効果があったので今年も購入。

お店に室外専用がなかったのでベランダにも置ける薬を買いました。



薪ストーブの設置に悩んでいる方の奥さんには引かれそうな話ですが

薪を業者から購入したらキレイかというとそんな事はありません。

逆に業者の環境で乾いた薪のほうが虫がワイルドに沢山ついていると思います。

ちなみにホームセンターで売っている薪はキレイですが割高です。


うちで以前に、業者からパレット買いをした薪に大量の虫がついていました。

その時は普段は見かけないような、でっかい女郎蜘蛛やゴキブリがついていたし

うちはデリカD5で薪を運ぶので、車内でクモが行方不明になって大変でした。


私はゴキブリ大っ嫌いですが、それを上回る快適さが薪ストーブにはあります。

このブログを見て、ためらう奥さんがいたら頑張って説得してください(笑)。



そして涼しくなったせいかまたヤマボウシに大量のオコゼが発生。

30匹以上はいたかな。すぐに薬剤を散布しました。

さらに金柑の木には大量のイモムシ。

サナギの抜け殻もあったし、ものすごく繁殖しているよう。

最近アシナガバチも見ないし敵はカマキリしかいないようで快適なのかな。



ムスメに生体を説明しようとして、イモムシをつついて見たら・・・

くっさっあぁ!

黄色い触覚とともにくっさい液体をまきちらしてきた。

例えていうなら柑橘系に納豆と劣化したゴムの臭いを混ぜた感じ。

うげげげぇ。

しかも石けんで洗ってもとれない。

参りました。とほほ。
スポンサーサイト

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック