家族のまんなか/ワンダーデバイスのくらし

家事の項目に火付けがあるよ

最近は主人より火付けが上手になりました(笑)
だってほとんど毎日私が火を付けているから。
毎日の家事の中に薪の準備と火付けがある主婦です。

そんな主婦の火付け方法。(まだ3年目の未熟者ですが・・・)
地元の新聞にでていた“くすぶり”が少ない
火付けの方法を参考にしています。

太い薪を下段
   ↓
中くらいの薪を中段に四角に組み
   ↓
その真ん中に丸めた新聞2枚分と
焚き付けようの細かい木をのせて
   ↓
さらに細い薪を上にのせて着火

薪ストーブ組み方1-01jpg

最初の年は着火材を使っていたけど、
今はなくても大丈夫。

だいたい一度ででつくけど、湿気などで失敗しても2回位で成功します。


薪ストーブ組み方2-01

うちの薪ストーブはダッチウエストのFA225。
住宅街に住んでいるので煙には気をつかいます。
夕方になってから着火します。

しばらく灰受けの投入口をあけて火力を一気にあげて
200度を超えたら触媒装置のダンバーを閉めます。

新聞によると、けちって火力をしぼると煙が増えるとのこと。
確かに一気に火力をあげるこの方法のほうが
外の臭いも少ないです。

参考にしてみてくださいね。

スポンサーサイト

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック