家族のまんなか/ワンダーデバイスのくらし

ラジオフライヤーがリビングに来た。

今までガレージに入っていたラジオフライヤー。

DSC03581.jpg

最近はリビングに鎮座して薪置き場になっています。

先日、主人がガレージの整理をして家の中に運び込みました。


子どもたちがもっと小さい時はこれにのせて出かけたりしましたが

今では二人合わせて30kgを超えるので出番も少なくなっていました。


リビングにあって二人とも乗って遊ぶかと思ったけど

最初に注意したのでちゃんと言うことを聞いて近づきません。


別件ですが薪ストーブや食器棚のお皿など

子どもの手に届くところに危ないモノがあっても

最初から言葉で注意をし続ければ小さい子でもそのうち理解します。


赤ちゃんの頃は薪ストーブの周りに簡単なゲージをつけましたが

それを外した年に下のムスメが温度のあがったストーブを触り指に火傷をしました。


火傷はビックリしたけさすがに若いので1週間で完治しました。

それから2度と薪ストーブを触りません。


我が家はうちの中で起きる程度の危険なことは体験して学べばいいと思っています。


よく「小さい子がいるから薪ストーブにはゲージが必須でしょ」とか

「台所は危ないから入れないようにする」という話を聞きますが

1歳半位から少しづつ分別つくようになるので大丈夫だと思います。


もちろんよく言い聞かせて多少の破壊も許容範囲にしておく気持ちは必要ですが。

(その子のタイプにもよると思いますが・・・。)

上のムスメも2歳の頃、台所の食器で遊んだりしましたが案外割れないモノです。


その代わり子どもでも手の届く範囲にお皿があるので

小さい頃から食事の準備をするなどお手伝いもしてくれています。


なんでも親が用意してあげるより自分でなんでもできる空間にしたほうが

子どもの成長も早いように思います。

その空間にアレンジできるのがワンダーデバイスのいいところなんでしょうね。


DSC03582.jpg

リビングにはさらに小さいラジオフライヤーが。

DSC03583.jpg

さらにダルトンのラジオフライヤー風オモチャも。

この二つに関しては子どものいい遊び道具になってます(笑)。

DSC03585.jpg

並べるとこんな感じ。

これもワンダーデバイスの定番かな。

下のボタンをおして貰えると私がヒャッホーっていいます。
にほんブログ村 インテリアブログ 子供あり家庭インテリアへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

はじめまして〜

シンヤさんコメントありがとうございます。
シンヤさんもワンデバですか?
やはり趣味が似てくるんですかね〜?

ラットフィンクは気づくと主人が買ってくるのでいたる所にいます。
ちなみに写真のラットフィンクは箱に入っていて
中身がかわからないシリーズで1コ500円でしたよ〜。

hako** | URL | 2015-02-12 (Thu) 21:27 [編集 ]


はじめまして(*^^*)

ワンデバにラジオフライヤー♪
いいですね〜♪
しかも、ラットフィンクまで♡
我が家もラットフィンクには目がないです(*^^*)

シンヤ | URL | 2015-02-12 (Thu) 17:07 [編集 ]


奇遇ですね。

Joe Pinhead さんコメントありがとうございます。

ラジオフライヤーもワンダーデバイス必須アイテムですかね?
奥様が欲しがっているんですね。是非手に入れてください。
小さいラジオフライヤーは車輪があまり回転しないので
ディスプレイ向けな感じですよ〜。

hako** | URL | 2015-02-10 (Tue) 20:05 [編集 ]


ラジオフライヤー、3種類あって可愛いさ3倍ですね~☆

うちの奥様も結婚する前からずっと欲しがってて、いい加減そろそろ買おうと話していた矢先にこの記事…我が家を覗かれてるみたいですww

Joe Pinhead | URL | 2015-02-10 (Tue) 14:23 [編集 ]


 

トラックバック