家族のまんなか/ワンダーデバイスのくらし

子ども用のテーブルも作ったよ。

去年の年末にまとめていろいろな物をDIYしました。

以前に紹介したキッチンの棚と浮いている飾り棚の
他にも子ども用のテーブルと本棚も作りました。

今回の紹介は子ども用のテーブル。
どなたかの参考になればいいのですが。

テーブル-1

天板は30mmの厚さ/1400mm×450mm・高さ300mm
(この数字を間違えていて再度、修正したものをアップしました。)

他の棚を作る時に18mmの厚さの板を使っていたけど
やはり厚みのある板を使った方が見た目にかっこいいです。

でも厚い分だけやっぱり値段も高い。
悩んでいたらホームセンターで破格値の板を発見!

4200×450mmのサイズで8000円ちょっと。

ねっ!すごいでしょ。

4m20cmもある長い板がこの値段ですよ!
しつこいようですが4メートル20センチですよ!

もちろんそんなサイズは持ち帰れない。
長さはもちろん重さが半端ない。
その場で欲しいサイズにカットしてもらいます。

本当は本棚の天板用に買ったんですがあまりにも
長い板だったので子ども用のテーブルまでつくれました。

足はSPFの角材を使用。
L字型の金具が1本につき2カ所ずつ計8個使って止めてあるだけです。
それだけで出来ているのに案外頑丈です。

子どもが使うので主人が角も面取りをしてくれました。

ただ・・・やはり我が家にはカイジュウ次女ちゃんが。
 ボールペンで落書き〜♪
 ワセリンやリップをぬりぬり〜♪
 ジュースはこぼしてベトベト〜♪
もうひどい事になっています。

最初にニスを塗ればよかったのですがもう手遅れ。
まあ主人の手作りなんで諦めもつくし、
また気になったら削って塗り直せるのがDIYのいいところですよね。


別件ですが薪ストーブのある家でDIYをするときの注意!

この時季は寒いし室内で作業することもよくあることだと思います。
我が家もワンダーデバイスのリビングで作業をして作りかけを
そのまま一晩放置したら・・・なんとビックリ!
薪ストーブの熱と乾燥で木が反ってる!
もう主人は無理やり反った板をネジで止めてました。ハハハ。

まだまだDIY素人なのでそんなに木が変形するなんて知らなかった。
恐るべし薪ストーブ。

人生日々勉強ですね。
スポンサーサイト

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック