家族のまんなか/ワンダーデバイスのくらし

日よけもDIY。

ずいぶん暑くなってきたので昨日デッキに日よけをつけました。

もちろん日よけもDo It Yourself 。
我が家はできるだけなんでも自分で作りたい派です。

まずは完成写真から。

日よけ1

材料はこれ。

日よけ2

●園芸用ポール180cm(100均・セリアで購入)
●厚めの布/90cm幅 2mを2枚
 2枚を真ん中で縫い合わす・強度を増すため3回ミシンで縫ってます
 上部にポールをとおす輪を作り、下部に紐をしばるところを縫い付ける
●フック付のピンコロ石2つ
あと写真にはないですが
●ブロックを2つ
●自在金具つきの紐(うちはテントの余っている紐を使用)

日よけ5

園芸用のポールを輪にして縫った布の上部に入れて
壁用フックにひっかけます。

日よけ3

我が家はIKEAの室内用フックを使ってます。
一年雨ざらしだったけど今のところサビも劣化もありません。

日よけ6

布の先を紐でブロックとつなげてテンションをかけます。

このとき自在金具がついていると便利です。
高い位置で結ぶと空間ができるので中でプール遊びとかできちゃいます。

重りに使ったのはピンコロフックというホームセンターで購入したもの。

去年、売り切れになるほど人気だったらしいのですがイマイチ・・・。

なにせピンコロ程度の重さなので強い風が吹くと転がります。

見事にデッキの上を転がって傷がつきました。
ただフックがついているのは便利なのでブロックを重ねて使っています。

日よけ7

タープの上部に棒がはいっているので全体がピシッとします。
タープってだらっとしてるとかっこ悪いもんね。

ね、簡単でしょ。
材料費も2000円はしない位かな。

私はホームセンターで売っている類いの
タープのUV機能を信用していないのでこれで十分。

日よけ8

布は白地のコットンを使っているので室内が暗くなりません。
しかもタープをつけるとカーテンを全開できるので気持ちのいい風が通ります。

夜と雨が降ったらポールごと外して室内に回収。

布がダメになったらまた作ればいいやと気楽にかまえています。

以前はよしずをつけていたけどこれ失敗。

日よけ4

立てかけていた窓枠の壁に傷がついて、もう直りません。

しかも、よしずって風でいきよいよく倒れるので危険。
子どもがいる時に倒れてきたので慌てて支えたらスパッと指を切りました。

よしずを使用中の方は気をつけて。

みなさんも日よけをDo It Yourselfしてみるのってどう?
スポンサーサイト

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック